水まわりリフォーム(キッチン・トイレ・お風呂・洗面)リフォームなら高浜市のウメケンリフォームにお任せ!

ウメケンリフォーム

0120-39-4755【受付時間】9:00~18:00(月~土)※年末年始・祝日は除く

メールでのお問い合わせ

News

新着情報

  1. HOME >
  2. 新着情報 >
  3. 既に危険!《熱中症》うっかり度チェック

新着情報

一覧へ戻る

既に危険!《熱中症》うっかり度チェック

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

 既に危険!《熱中症》うっかり度チェック

《熱中症》の危険にさらされている実感ありますか?
5つのチェックでわかる!あなたの『熱中症うっかり度』を測れます。自分自身実感がない?…実は【男性の方が熱中症死亡率が高い】んです…知っていましたか?これから熱中症の盲点について説明していきます。

 

○熱中症・致命的なうっかりポイント5つ

今からあなたの「熱中症うっかり度」チェックを行います。

 

Q、下の項目で知らなかったものを数えてみてください!

□ 5月から危険! 

□ 梅雨合間の晴れの日が危険! 

□ 男性が危険! 

□ 屋内でも危険! <断熱材の入ってない年代社長に聞く>

□ こどもや高齢者が危険! 

 

3個以上チェックがあると「熱中症うっかり度」が高いです。特に気をつける必要があります。これから解説していきますので、うっかりが少ないと診断された方も、一緒にチェックしていきましょう!

 

○5月から危険!?実は多い5月の熱中症

…意外に思う方も多いと思いますが、 5月は夏以外で一番熱中症が多い季節 なのです!原因は、季節の変わり目の気温変化に対応できず熱中症になってしまう方が多いようです。春からの危機管理が大切になります。

 

○梅雨合間の晴れが危険!

日本は「高温多湿」な気候だと言われています。 湿度が高いと、体温が逃げにくく熱中症になりやすい状態 になります。特に、普段より平均気温が下がっている梅雨には、熱中症への危機感が薄れています。そんな油断している日は、身体も油断し急激な温度変化に対応できません。梅雨合間の晴れは要注意です!

 

○男性が危険!?熱中症死亡率

実は… 60歳までの熱中症死亡率を比べると、圧倒的に男性が多い のです。女性の方が温度変化などに弱いイメージですよね。原因は、男性の方が、ハードな運動を好む傾向にあります。また、働き盛りの男性は、労働の負荷が大きく、女性よりも無理をしてしまうことも要因になります。学生時代、部活動でストイックに練習に打ち込んだことを思い出す方もいるでしょう。特に、睡眠不足や疲れが溜まっている時が働き盛りの男性も木尾付けなければなりません!

女性も65歳以降になると、死亡率が急激に高くなります。十分に注意が必要です。

 

○屋内でも危険!重要な家の断熱性

ニュースなどでもよく危機管理警告などを呼びかけているので、知っている方も多いと思いますが、屋内で熱中症の危険性があります。 築年数の高い家では断熱材が入っていない家  断熱性の低い家 があります。地球温暖化で異常気象で、昔では想像できないほど平均気温も上がっています。エアコンの効きも悪く電気代の無駄にもなります。屋根、壁、窓の断熱を強化することも視野に入れましょう。

○高齢者、こども、ペットが危険!

身体的に免疫力が低く、寒暖差に耐えられない高齢者やこどもは特に危険です。 高齢者の熱中症死亡率は成人の5倍 です。

 こども・ペットは、大人に比べて+8〜10℃も高温の中過ごしている場合がある ことをご存知でしょうか?要注意なのが「炎天下の照り返し」です。熱せられたアスファルトは55℃近くになります。身体が小さいこども・ペットはその熱い照り返しを大人に体感がない分、十分にない分、配慮する必要があります。

 

○もちろん真夏が最も危険!準備・対策を!

もちろん真夏が最も危険です!予防と対策を心がけてください。

直射日光を長時間浴びることを避け、こまめな水分・塩分補給をしましょう!

一覧へ戻る

水まわりリフォームなら高浜市のウメケンリフォームにお任せ下さい!0120-39-4755